それだけ

昨日ふと思ったことがあった。今まで本当に楽しかった事ってあったかな?って。小学校のときならいくつか思いうかぶ。4時間で授業が終わる水曜日とかに学校の近くの友達の家に遊びに行くのが楽しかった。休み時間のドッヂボールも楽しかった。自分達で遊びを作ったりもした。小学校のときは遊ぶことが無条件で何より楽しかった。でもそれ以降心の底から楽しめた事って正直記憶にない。それなりに楽しくてもどっかで冷めてる自分がいる。何やっても思ったほど楽しくなかったり、周りは楽しそうでも自分は笑顔だけ作ってたり。人生そんなに頻繁に楽しいことばっかりあるわけじゃないけど、でもこれは異常だと思う。


なんで楽しめないんだろう。本当はもっと楽しいんじゃないかって過大な期待をしてしまうから?ただ自分が冷たい人間なだけだから?


高校のときの友達にAっていうのがいる。Aは別に頭がいいわけでもスポーツができるわけでもないんだけど、活発で誰とでも友達になれるし先輩からも後輩からも慕われる人。大学ではテニスサークル入ってて彼のブログはほとんどサークルでの事とかその交友関係の事が書かれてる。そのブログを見るたんびにAがうらやましくてたまらなくなる。毎日が充実しててすごい楽しそうに見える。自分が想像してた大学生像がまさしくAそのもの。憎くすら感じるときもある。なんでこいつは・・・なんで俺には・・・そんな風に思って最後には憂鬱になる。

大学に入った時、Aみたいな大学生活がおくりたかったから、今までにない楽しさを経験したかったからサークルに入ろうと思った。新歓にもいった。でも他の1年とそりが合わない感じがして結局はいらなかった。こーやって言い訳つけて結局自分から道を断ってるだけなんだね。今までだってチャンスはいくらでもあったのに結局楽なほうに逃げてただけなんだね。だから人間も成長しないし、だから楽しめない。

たぶんこれからもそうなんだと思う。だから俺は多くを求めてはいけないと思う。期待をしてはいけないと思う。自分を変えることができないなら何もしてはいけない。それがいやなら死ねばいい。